GWに、家族で旅行に行く了見があるご家庭も多いでしょう。
お子様が楽しめるような作業場だと、おとなは楽しむことができないなんて思ってはいませんか?なので今回は、子どもから大人まで味わえる、関西の作業場についてご紹介していきたいと思います。

大阪府堺市南区茶山台1丁9番1号における「ジャンボ小児館 ビッグバン」は、全てのお子様にきめ細かい作業場を考え方に設計された大きな作業場だ。
マンガ『銀河JR999』の著者です松本ナシ士くんが誉れ館長を努められていて、院内は徹頭徹尾銀河JR999の世界中に迷い込んでしまったかのようなスペースになっています。
こういう小児館の館内は「べアル」といった「メロウ」という両者を主役に、壮大な宇宙の旅物語が展開されていて、作業場の状態も、銀色の楕円形で、UFOをイメージして作られているようです。
他にも細部までこだわって作ってあり、エレベーターは宇宙船というリサーチになっていて、自動小売り機にはロボットの置物まで置いてあります。
また、宇宙飛行士の向井千秋くんが着た本物の宇宙衣装の表現もしてあります。
ひとまず行ってみると、病みつきになる、不思議なスペースだ。
また、各週ことなる事柄が開催されていて、何たび行っても飽きることなく、楽しむことができます。
作業場は全品館内におけるので、多雨の日光など、空模様に左右されずに楽しむことができ、GWという前々から了見を立てておく旅行にはぴったりです。
もう一度、他の作業場には乏しい一風変わった遊びができることも、こういう作業場の魅力の一部でしょう。

2フロアスペースファクトリーのハートイピア電子動物園では、自分が書いたイラストを、ぜんぜん生きているかのように、思いのままに動かすことができます。
これはメロウの修復スタジオで現に書いたイラストをコンピュータでスキャンし、取り込んで大きな画面に映し出していらっしゃる。
この他にも、更に名といった生まれが記入できるようになっていて、一度登録しておけば次に来館したままその時の通知を探し出して、もっと楽しめるようになっています。

3フロアアストロキャンプのマチカネワニの冒険では、大きなワニの体の中に入って遊ぶことができます。
主題に使われているワニは、元々現に大阪湾に生息していた「マチカネワニ」というアニマルだ。
カラダはトンネルなどのオモチャになっていますが、ウォールの骨や五臓六腑などがそこそこリアルに出しこまれてある。
入ってみると、ワニの脈が聞こえてきて、ちゃんとワニに飲み込まれてしまったような不思議な気持ちになります。
4フロアオモチャスペースシップの昭和30カテゴリーの通りでは、昭和30カテゴリーの大阪の街を実機大のジオラマとして、家や商家をリバイバルしています。
当時の電気屋くんに展示して起こるテレビジョンなどは、お子様が見ると此度との大小にびっくりする実例ダヨ。
けん玉やコマ回しなど、その当時の教養や遊びに触れることができ、お子様や父兄だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんも見て楽しめます。
ジオラマには駄菓子屋くんもあり、そこに展示して残るスウィーツは1フロアで購入できるようになっています。http://keraflexregistry.net/